イミグラン

偏頭痛の薬イミグランの適切な使い方

頭痛の原因として考えられる要因の一つに頭にある血管が腫れてしまい、そこを血液が通過するたびに痛むことがあります。

 

 

この場合は心臓の鼓動に合わせて頭がずきんずきんと痛む為、脈とあっている場合は、間違いなく血管が腫れてしまっていることが原因です。

 

これをなんとかする為には、腫れた血管の辺りを冷やすことによって腫れを抑えると同時にその周囲の血の巡りを一時的に悪くすることによって痛みを和らげる方法があります。

 

 

この効果をしっかりと行う為に作られたのがイミグランです。

 

 

別名スマトリプタンとも呼ばれるこの薬は血管を正常な状態に戻し、さらに炎症を抑える効果があるのです。

 

 

こうした効果によっていつまでも続くと思ってしまうような頭痛を治すことが可能となっています。

 

 

しかし、これはあくまで処方薬であって、予防薬ではないのです。

 

 

この薬を頭痛にだけ効く薬だと思い込んで頻繁に飲んでしまう方が多いのですが、この薬はあくまで血管を正常に戻す、つまり収縮させ炎症を抑える薬となっています。

 

 

特に頭痛でもないのに飲んでも予防できないばかりでなく、必要以上に血管が収縮されてしまい、心筋梗塞などの血管の病気を引き起こしてしまうことがある刺激の強い薬なのです。

 

 

よってイミグランは薬剤師や医者の話を良く聞いて頭痛に対して適切に飲む必要があります。

 

未成年者は服用できません。

また、薬は2種類以上飲まないほうがいいといわれていますが、それも理由は同じで、同じ効果を必要以上に引き起こしてしまうと予期せぬ疾病を引き起こしてしまうので注意が必要です。

 

 

さらにいうと、頭痛の原因はさまざま存在し、その原因ごとに対処方法がちがっているため、イミグランを飲んでも効果がない、脈とは関係なしに痛むなどの場合はまた別の薬と対処法を探したほうが良いでしょう。

 

 

特に、ストレスなどが原因の緊張型頭痛の場合はイミグランのトリプタン系の頭痛薬とは対処法が正反対となっているため、緊張とストレスの多い生活を送っている人はそのことをしっかりと医者に伝えると良いです。

 

 

イミグランは注射器などでも摂取することができるため、群発頭痛などの重い頭痛にも対応することが出来る薬ですが、それだけに副作用も数多く存在します。

 

 

そのため未成年には投与することは禁じられている為、子供がいる場合は手の届かないところに保管しなければなりません。

 

 

頭痛というのは場合によっては我慢できるものではないので頭痛薬を求めるのは当然の事といえますが、刺激の強いくすりなのでしっかりと適切な方法で使うようにしましょう。

 

イミグランは偏頭痛の症状を和らげます

偏頭痛は多くの人々が経験したことのある頭痛です。

 

 

身近な存在でありながら、実は謎が多く原因は未だにはっきりとしていません。

 

 

そのため、根本的な治療は難しく医薬品を利用して痛みを緩和させることが一般的です。

 

 

その偏頭痛の医薬品として知られているものの一つがイミグランです。

 

 

この医薬品は錠剤と点鼻剤と注射剤の3つがありますが、そのなかで一番多く使われているのが錠剤です。

 

 

そのイミグランの錠剤の使い方は至ってシンプルです。

 

 

偏頭痛が起こったときに50mgか100mg(錠剤で換算すると1錠分)を服用すればいいのです。100mgの場合はピルカッターなどで2等分して容量を初めは抑えるほうがいいでしょう。

 

 

多くの人々はそれで偏頭痛の痛みを和らげることができます。

 

 

それでも無理だと言うならば、2時間間隔を空けてから再度服用することができます。

 

 

ただし、気をつけなくてはいけないのは一日に200mg以上を超えてはいけません。

 

 

また偏頭痛が発症したときに服用する医薬品であるため、食前・食後というのはほとんど気にする必要はありません。

 

 

もちろん、早く偏頭痛を治めたいと思うのならば空腹時のほうが早く効果が現れます。

 

服用してはいけない病気の方

そして、時々勘違いして偏頭痛の予防を目的として服用する人がいます。

 

 

しかし、イミグランには偏頭痛の予防効果はありません。

 

 

無駄に服用したことによって、偏頭痛が起こってしまったときには「すでに一日の許容量200mgを超えてしまった」ということがないように心掛ける必要があります。

 

 

偏頭痛が起こったときに服用する、これがこの医薬品の鉄則です。

 

 

もちろん、医薬品であるため当然副作用もあります。

 

 

身体の関節部などの痛み、悪寒・嘔吐、動悸などが挙げられます。

 

 

医薬品であるため誰もが同じ副作用を及ぼすとは限らず、副作用が起こってもほとんどの人は何の問題もなく日常生活を営むことができます。

 

 

万が一、その副作用がなかなか治まらなかったり、症状が悪化する場合は医師に診察してもらうことが大切です。

 

 

そして、使用禁忌の条件も知っておくことが大切です。

 

 

イミグランの使用禁忌は心筋梗塞や脳梗塞など血管に何らかの症状がある人です。

 

 

というのも、この医薬品は血管を収縮させる効果があるからです。

 

 

その効果が偏頭痛の緩和になるとされています。

 

 

そのため、肝機能障害のある人の使用も控えるべきです。

 

 

もしも、それらの症状に心当たりがある人は、イミグランを服用する前には医師と相談することが大切です。

 

 

上手に扱うことができれば、偏頭痛に悩まされることなく安心して日常生活を過ごせることができます。

 

イミグランは偏頭痛対策に特化した医薬品です

偏頭痛は、突然に発症して、生活や仕事の妨げになるほどの痛みを頭に感じさせる、頭痛の一種です。

 

 

名前が指し示す通りに、頭の左右どちらかに強い痛みが生じるのが偏頭痛の特徴なのですが、痛みの出る位置がその都度変わったり、時には吐き気を伴ったりと、症状の出方が一様ではなく、何度経験しても慣れる事の無い頭痛だと言えます。

 

 

そんな厄介な偏頭痛に効く頭痛薬として開発されたのが、グラクソ・スミスクライン社が販売するイミグランという医薬品です。

 

 

この医薬品の主成分はスマトリプタンというもので、脳内の血管の拡張を抑える事で、偏頭痛の痛みを緩和する働きを持っています。

 

 

スマトリプタンを使った偏頭痛薬は、錠剤の他に、注射と鼻腔噴霧剤が開発されています。

 

 

これらを購入するには、一般的には医師の処方が必要とされているのですが、錠剤については個人輸入代行業者を通じて購入する事も可能です。

 

 

また、個人輸入代行業者ではイミグランの安価なジェネリック版も販売されています。

 

 

ただ、個人輸入代行業者で購入した医薬品は、自己責任で使用しなければならないという点に注意しなければなりません。

 

 

ですので、個人輸入代行サービスの中でも100%正規品保証をしている所から購入するのが一番安心です。

 

服用・使用上の注意点

さて、このイミグランを使用するタイミングですが、偏頭痛の症状を感じたらなるべく早く使用する事で、より素早く偏頭痛の症状を抑える事が出来るとされています。

 

 

偏頭痛の症状が現れた時、即座に服用すれば服用から15分程度で偏頭痛の症状を抑える事が可能です。

 

 

時には動けなくなる程の偏頭痛の症状をスピーディーに抑える事が出来るのは、ありがたいことでしょう。

 

 

ただ、この医薬品を一日に服用出来るのは4錠までと規定されていますし、続けて服用する際は2時間以上の間隔を開けなければなりません。

 

 

頭痛薬というと、気軽に使用出来るイメージがありますが、脳の血管に作用する薬品である事から、取扱は十分に注意して行う必要があると言えるでしょう。

 

 

また、この医薬品はあくまで偏頭痛用であるという点も、注意が必要です。

 

 

通常の頭痛薬ですと、頭痛の他に歯痛などに対しても効果を発揮しますが、イミグランは歯痛や通常の頭痛には効果がありません。

 

 

この様に使用上の注意点はありますが、日常生活の妨げとなる偏頭痛に対処出来るイミグランは、偏頭痛対策として手元に備えておく価値のある医薬品だと言えるでしょう。