偏頭痛 薬

イミグランは偏頭痛の痛みを抑える働きのある医薬品

イミグランは、偏頭痛の症状が出た時に服用をして、症状を抑える医薬品です。

 

 

血管を拡張させたり、炎症を抑えて辛い痛みを抑える働きがあります。

 

 

偏頭痛以外の頭痛に使用したり、痛みが起こっていない時に予防に服用するのは避けるようにして下さい。

 

 

病院で診察を受けると、処方されますが、決められた分量をきちんと守ることが大切です。

 

 

服用をしたら、2時間ぐらいは間隔を空ける必要があります。

 

 

高温多湿になる場所を避けて、お子様の手の届かない冷暗所に保管をしておくようにしましょう。

 

 

服用をした時に、痒みや発疹などのアレルギー症状が見られた場合は、医師や薬剤師に相談することが大切です。

 

 

イミグランを服用すると、眠気が起こる場合があるため、自動車の運転や危険な場所での作業は避けたほうが良いでしょう。

 

 

偏頭痛の痛みはとても辛いので、症状が出た時は我慢をせずに服用をするようにして下さい。

 

 

頭痛持ちの方が大勢おられますが、普段とは違う痛みを感じる時は、薬を服用せず診察を受けたほうが良いでしょう。

 

 

イミグランは、医師から一日一錠から2錠程度服用をするように、指示を受けることが多いです。

 

 

偏頭痛の痛みを緩和する医薬品なので、幅広い年代の方が処方されています。