偏頭痛 薬 イミグラン

イミグランで、人生が変わるかもしれません

偏頭痛の痛みは、風邪や二日酔いのそれと違って、相当につらいものです。

 

 

吐き気やおう吐を伴うことも多く、ズキンズキンと脈打つ痛みや、目の奥がえぐられるような強烈な痛みを訴える人もいます。

 

 

痛みはじめたら、市販の鎮痛剤を服用しても効かず、じっと1〜3日間耐えることとなります。

 

 

イミグランは、そんな片頭痛の治療薬として知られています。

 

 

偏頭痛は、頭の血管が拡張して発症することから、この薬は血管を収縮させ、血管周囲の炎症をおさえて痛みを緩和します。

 

 

重要なことは、痛みが始まったらすぐに服用することです。

 

 

頭痛が始まって10分以内が理想とされます。

 

 

偏頭痛の場合、発作が始まる前に、生あくびがたくさんでたり、目の前がチカチカするといった前兆があらわれることが多く、その時点で服用すると最大限の効果が期待できます。

 

 

イミグランといえども、発症して時間が経過してからの服用では、効き目が期待できないのです。

 

 

また、心臓病や、肝臓、腎臓、脳血管障害、高血圧などの疾患がある人の服用は要注意です。

 

 

その他、飲み合わせに注意しなければならない他の薬が多いので、常用している薬がある場合は、医師に伝えなければなりません。

 

 

正しく服用すると、劇的に効果があらわれる例が多くあります。

 

 

がまんせずにお医者さんに相談してみてください。