偏頭痛の薬

頭痛薬のお供に最適なイミグランについて

片頭痛がはじまるとそれだけで一日が憂鬱になりますし、吐き気や嘔吐も伴うので、外に出かけるなんてもってのほかですね。

 

 

イミグランはそんなどこで襲ってくるか分からない片頭痛に対応した薬なんです。

 

 

どんな風に効くかというと、片頭痛が発生した時に過度に広がっている頭の血管を縮小させることで正常化し、炎症を促す物質が広がるのを抑える事で、血管周囲の炎症を抑えてくれます。

 

 

予防薬だとつい依存してしまう事もありますが、「あ。頭痛がはじまったな」と感じる痛み始めに服用することで大きな効果を得られるので、必要な時にだけ服用したい人にはちょうどいい薬です。

 

 

そんなイミグランですが、錠剤タイプのほかに鼻の中に噴霧するものや、自分で注射するタイプのものと3つのタイプがあります。

 

 

通常は錠剤タイプで事足りるでしょうが、服用する際の水がない場所やすぐに頭痛を治したい時に他のタイプが役立つでしょう。

 

 

自分で注射すると言っても簡単にできるようキットになっていますし、鼻に噴霧するタイプものは、鼻の粘膜から薬剤がすぐに吸収されるので飲み薬よりも即効性が高くなっています。

 

 

三つのタイプを複合的に使う場合は一定の時間置くなどの対処が必要になってきますが、同じ片頭痛の痛みを和らげてくれるイミグランでも自分の状態に合わせた使い方が出来るので便利です。